良質なドッグフードの見分け方

前へ
次へ

ラム肉のドッグフードのメリット

ドッグフード選びで大切なことは、原材料が何かを確認することです。
元来肉食であるワンちゃんにとって動物系のタンパク質が適しているので、現在は「肉類」であるのがベストです。

単純に「肉類」と言っても、「牛肉」「豚肉」「鶏肉(チキン)」「羊肉(マトンまたはラム)」など種類は色々あります。
この中でも鶏肉は脂肪分が少なく低カロリーなので人気になっています。
鶏肉と同じく高たんぱくで低カロリーなのが、「ラム肉」です。
同じ羊肉でもマトンよりも臭みが少ないので、愛犬には食べやすくなっています。

また、ラム肉が注目される理由には、ラム肉に含まれる栄養分があります。
それが、「カロニチン」です。
カロニチンは、肉類には含まれている栄養分ですが、ラム肉は肉類の中でももっとも多くカロニチンが含まれています。
カロニチンには、「脂肪を燃焼させる」「コレステロールを下げる」「心臓病や動脈硬化の予防」などの働きがあります。
肥満ぎみやシニア犬にはオススメです。

さらに、糖質をエネルギーに変換する働きのビタミンB1や糖質の分解や細胞を再生させるビタミンB2、抗酸化作用のあるビタミンEなどが多く含まれています。
さらに、体内で生成できない必須アミノ酸なども含まれているので、栄養摂取には効果的です。
ラム肉のドッグフードが、注目されるもうひとつの理由は、アレルギー予防です。
鶏肉は、アレルギーが出にくい原材料ですが、鶏肉でもアレルギーがでるワンちゃんもいます。
ラム肉は、あまり食べたことがないのでラム肉に対する抗体はほとんどありません。
アレルギーがでる確率は非常に少なくなります。
但し、ラムに対してアレルギーを持つワンちゃんもいるので、与える場合にはよく観察することが大切です。

ラム肉のドッグフードを選ぶ場合は、穀物が混ざっているものもあるので、穀物アレルギーのある犬は要注意です。

ラム肉は独特のニオイがあるので、ワンちゃんによっては食いつきの悪い場合があります。
まずは、試供品や量の少ないもので試してみましょう。

ページのトップへ戻る